日本放送人気ドラマ紹介 › 独孤伽羅あらすじ › 中国ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」31話~33話 あらすじ

中国ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」31話~33話 あらすじ

2019年04月23日

舞台は南北朝時代の北周。のちに隋の初代皇帝・楊堅の皇后となる独孤伽羅を中心に、北朝から隋唐の時代にかけて栄華を誇った独孤家の3人の娘たちが、皇后の座に上り詰めていく様を描く大型歴史ドラマ独孤伽羅 DVD

中国ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」31話~33話 あらすじ 

隴西郡公の屋敷では曼陀(ばんた)が李澄(りちょう)を利用して側室の錦娘(きんじょう)とその息子を追い出すことに成功。一方、宮廷では伽羅(から)と楊堅(ようけん)の仲を案じる般若(はんじゃく)が二人に宴で剣舞を披露するように命じる。だが、再び楊堅と口論になってしまった伽羅は独りで剣舞の練習をするはめに独孤伽羅 日本語字幕。すると、宇文よう(うぶんよう)が彼女に稽古をつけてくれるが、それを目にした楊堅は・・・。

中国ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」31話~33話 あらすじ 

宴で誤解が生じた伽羅(から)と楊堅(ようけん)は冷戦状態に独孤伽羅あらすじ。さらに、楊堅が宇文よう(うぶんよう)を殴ったと聞いて伽羅は腹を立てる。しかし、喧嘩の理由がわかると彼女は冷静さを取り戻し、これからは楊堅といい夫婦になろうと決意したのだった。また、この騒動を知った般若(はんじゃく)は宇文ようの元に李娥姿(りがし)を送りこむ。その真意を悟った宇文ようは彼女を側妃に迎えて・・・。

中国ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」31話~33話 あらすじ

宇文護(うぶんご)が辺境の敵国と密通していると疑った楊堅(ようけん)は彼の屋敷に覆面して忍びこみその証拠を探す。だが、哥舒(かじょ)に見つかり逃げる途中で怪我を負い毒に侵されてしまう。それでも伽羅(から)のお陰で一命を取り留めた彼は、宇文護の追及を避け敵軍を追い返すことに成功したのだった中国ドラマ 人気。さらに、大興郡公に出世した彼は西山軍営を任されて・・・。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。