人気爆発韓国ドラマ「皇后の品格」最終回復讐の結末は?

2019年02月27日

ワンシク(チェ・ジニョク)は離れたが、彼の復讐は実を結んだ。太后(シン・ウンギョン)は死刑囚となり破滅し、皇室は廃止された。

イ・ヒョクはワンシクの代わりに復讐をしこの世を去った。太后(シン・ウンギョン)は包帯を巻いたイ・ヒョクをワンシクだと誤解し、銃を撃った皇后の品格 DVD

血まみれになって倒れた男がイ・ヒョクであることが明かされた後も、太后は「君は私の息子じゃない。君はナ・ワンシクだ」と現実を否定する姿を見せた。

そうしてイ・ヒョクが亡くなり、太后は殺人罪で逮捕された。さらに太后の悪行と違法施術、薬物投与まで明かされ、皇室廃止をめぐる議論が起きた。

 

それを受け、サニーは記者会見を開いた。サニーは太王太后(パク・ウォンスク)の自殺と遺書を公開し「本日から皇室は全ての権利を諦め、罪を犯した皇族には償ってもらいます。全ての混乱が正常化するまで私にできる最善を尽くし、努力を惜しみません。また太王太后が残した遺産は皇室のせいで被害に遭われた方々のために使います」と明かした私のIDは江南美人 DVD

太后は教化の可能性がないため、社会から隔離しなければならないという理由で死刑を言い渡された。太后は「ありえない。認められない。私は何も間違ったことをしてない。今すぐ控訴を準備しなさい。私を誰だと思っている? 私は大韓帝国の太后だ」と反発した。カンヒ(ユン・ソイ)も死刑を言い渡されたが、アリのために控訴を諦めた。


それから1年後、サニーは宮を出て平凡な女性の人生を生きることになった。サニーのために身を投げたユラ(イエリヤ)は怪我で知能が低下し、ジュスン、トンシクと幸せな家庭を築いた皇后の品格 最終回

この日の放送ではサニーが皇室廃止を成し遂げるシーンが描かれ「皇后の品格」に終止符を打った。
  


Posted by あかね at 16:19Comments(0)皇后の品格あらすじ