日本放送韓国ドラマ紹介 › 魔性の喜び あらすじ

人気爆発韓国ドラマ「魔性の喜び」のネタバレ&あらすじ!

2018年10月31日

「シンデレラ記憶障害」を患っている男性と、濡れ衣を着せられトップスターから奈落の底に落ちた女性。戸惑いながらもドキドキして、不慣れだけど美しい、そんな愛の物語を描いたドラマ魔性の喜び dvd

 

世界的に有名な脳神経科学の博士であり、ソンウ病院の脳神経センター長コン・マソン(チェ・ジニョク)は、仕事の用事で中国・海南に訪れていた魔性の喜び あらすじ。そして、韓国だけでなく海外でも人気の女優チュ・キップム(ソン・ハユン)も、アジアツアーや広告撮影のため海南に来ていた。仕事の仲間とはぐれてしまったキップムは、契約のために人を待っていたマソンと偶然出会う。その後、仲間を探すキップムと仲間探しを手伝うマソンは、だんだんとお互いに惹かれるように。夜になり、仲間のもとに戻るキップムは、マソンと1時間後に再度会う約束をした。


マソンは、その間に思い出の花のタトゥーを入れるが、そのお店でキップムの事務所社長と広告主の、キップムに睡眠薬を飲ませる計画を聞いてしまう。そして、2人を追いかけるマソンは、途中で交通事故に合ってしまう魔性の喜び 日本語字幕。キップムは、約束の場所にマソンが現れず、結局広告主と一緒にお酒を飲むことに。しかし、お酒に入っていた睡眠薬のせいでマソンが眠っている間に、同じ部屋にいた広告主は何者かに殺されてしまっていた。その後、事故の日の記憶が無いマソン。それだけでなく、寝て起きると前日の記憶が無いシンデレラ記憶障害になっていた。一方、キップムは殺人事件関与のため芸能界を干され、インターネット放送をして生活していた。そしてある日、3年ぶりに偶然再会する2人だったが…。
  


Posted by あかね at 17:15Comments(0)魔性の喜び あらすじ